もっPです  

 

1997年、夏…

石田さんチに初めて訪問した日

あいさつもそこそこに

とにかくリビングに通され

(母)「どうぞ、お座りください」と

言われたものの

洗濯物やらオモチャやらが

散乱している状態。


どうにか座る場所を確保し…

と、言うとお母ちゃんに

怒られそうですが(苦笑)

いざ取材交渉に入ろうとすると

お母ちゃんから立て続けに

(母)「取材はしてもいいけど、

 取材のためには動かないわよ!!

 例えば、

 『食事のシーンを撮影したいから
 
  家族全員で食卓を囲んでください』

 なんて言うディレクターが

 過去にいたけど

 家族が十人以上も居るのに

 全員一緒に食べられる

 わけないでしょ!!

 それぞれ生活のリズムも違うし

 逆に全員揃われちゃうと

 場所も無いし

 食事の支度も大変でしょ!!

 ウチでは食べたいときに食べる。

 そこのところを

 ちゃんと理解して取材して頂戴!!

と、いきなりのお母ちゃんの言葉に

私は面食らい

ただただうなずくばかりでした。

そして、この後さらに

これまでのディレクター人生を

覆すほどの衝撃を

受けることになるのです。

(つづく)

もっPでした